2016, 7/22 談話会

2016/07/12 投稿
日程:2016年7月22日(金) 17:00--18:00
場所:東海大学湘南校舎18号館8階理学部ゼミ室3(18--831)
講演者:藤井忍 氏(大島商船高等専門学校)
タイトル:4次Cartan--M\"unzner多項式とCasimir作用素について
アブストラクト:

4次Cartan--M\"unzner多項式とは,4つの主曲率をもつ,
球面内の等径超曲面の定義方程式系のうちの一つである.
これらの多項式で既知のものは,ある群作用による不変式であることが容易に確かめられる.
そこで,これらの多項式がどのような不変式であるか,
ということを考え,Casimir作用素に着目した.
本講演では,
階数2の既約コンパクト型かつ古典型Hermite対称空間の等方表現から得られる
4次Cartan--M\"unzner多項式が
二つのシンプレクティック表現のCasimir作用素から構成できることを説明する.